※本コンテンツは本サイトが独自に制作しています。事業主側から広告を出稿いただくこともありますが、コンテンツ内容やランキングの決定に一切関与していません。

ソフトバンクまとめて支払いは即日で現金化可能!最もかんたんな方法をご紹介

ソフトバンクまとめて支払い現金化

ソフトバンクまとめて支払いは、手持ちのお金が少ないときでもネットショップなどを後払いで利用できるサービスです。

ただ、現金が手に入るわけではないため、利用の幅は限られてしまいます。

しかし、ソフトバンクまとめて支払いには現金化できる手段があることをご存じでしょうか。

今回はソフトバンクまとめて支払いで現金化する方法や、利用時の手順などを分かりやすく解説します。

ソフトバンクまとめて支払いを現金化する方法

ソフトバンクまとめて支払いを現金化する方法

ソフトバンクまとめて支払いは、たった3ステップで現金化が可能です。

ここでは、現金化するまでの流れを解説します。

  1. ソフトバンクカードを発行
  2. 残高をチャージ
  3. 現金化業者に依頼

上記の各手順を詳しくチェックしながら現金化を進めてみましょう。

ソフトバンクカードを発行

ソフトバンクまとめて支払いを現金化するには、まずソフトバンクカードを発行します。

カードの発行はスマートフォンのアプリから、以下の流れで発行が可能です。

  1. 「ソフトバンクカードアプリ」をインストール
  2. アプリを起動して「お申し込みフォーム」から利用申し込みをする
  3. 登録完了メールが届いたら、カードの利用可能になる

ソフトバンクカードは、アプリだけで発行が完了するバーチャルカードです。

すぐに発行手続きが完了するため、急ぎで使用したい方に向いています。

ソフトバンクカード発行は→「お申込み|カード|ソフトバンク

残高をチャージ

続いては、発行したソフトバンクカードにソフトバンクカードアプリで残高をチャージします。

アプリのチャージ画面でチャージ金額を選択すれば簡単にチャージができます。

自分で設定した金額をチャージするか、残高がなくても決済時に必要な分が補充される自動チャージを選ぶことも可能です。

チャージ方法の詳細は「ケータイ料金と合算(ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いチャージ|カード|ソフトバンク)」をご覧ください。

現金化業者に依頼

フルコミット

ソフトバンクカードに残高をチャージしたら、現金化業者に依頼をします。

どこで現金化したらいいのか分からない方は、初心者にも使いやすく安心な「フルコミット」がおすすめです。

フルコミットは手数料無料で換金率そのまま入金なのでわかりやすく、初回でも平均20分という入金スピード。

フルコミットでソフトバンクカードを現金化する手順は下記の通りです。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類の提出・本人確認
  3. カード決済をしてくれる
  4. 指定口座に入金

また、フルコミットは9時~18時まで入金対応をしており、安全性も100%です。

急に現金が必要になった場合でもすぐに対応してくれるので利便性もバッチリですよね。

ソフトバンクカードのようなバーチャルカードには対応していない業者が多いですが、フルコミットは対応可能です。

現金化業者には運営元や換金率がはっきりしない怪しい業者もありますので、フルコミットのように細かい情報が明確になっている業者に依頼すると安心です。

ソフトバンクまとめて支払いを使った現金化の特徴

ソフトバンクまとめて支払い現金化の特徴

ここでは、ソフトバンクまとめて支払いを使った現金化の特徴や、利用限度額などについて解説します。

  • Softbank回線を利用中の誰でも使える
  • 契約者の状況に応じて最大10万円まで利用可能
  • 翌月の携帯料金と合算して支払いをする

上記3点について詳しく確認していきましょう。

Softbank回線を利用中の誰でも使える

ソフトバンクまとめて支払いは、Softbank回線を利用中の方は誰でも使えることが特徴です。

また、Softbankのサブブランドである「LINEMO」を契約している方も利用可能です。

利用料や申し込みは不要で、Softbankが提供する決済サービスなので安心して使えます。

契約者の状況に応じて最大10万円まで利用可能

1か月の利用可能額は、ユーザーの契約内容や利用状況などに応じて、Softbankが設定します。最大の利用可能額は、以下の通りです。

満12歳未満最大2,000円/月
満20歳未満最大20,000円/月
満20歳以上最大100,000円/月

参考:ソフトバンクまとめて支払い|スマートフォン・携帯電話|ソフトバンク

翌月の携帯料金と合算して支払いをする

ソフトバンクまとめて支払いは、携帯料金とネットショッピングの代金をまとめて支払えるサービスです。

支払いは翌月の携帯料金と合算されて請求されるため、現在手持ちのお金がなくても、支払いまでに約1か月の猶予ができます。

1か月後の支払いまでに給料が振り込まれるなど、収入の予定がある方に便利なサービスです。

ソフトバンクまとめて支払いを現金化するときの注意点

ソフトバンクまとめて支払いを現金化するときの注意点

便利に活用できるソフトバンクまとめて支払いですが、いくつか注意点もあります。

ここでは、利用時に気を付けたいポイントを解説します。

  • 利用状況に応じて限度額が下がる
  • 携帯料金の滞納中は利用できない

こちらの2点がソフトバンクまとめて支払いを現金化する際の注意点です。

各項目を詳しくチェックしていきましょう。

利用状況に応じて限度額が下がる

満20歳以上の場合、利用可能額は最大10万円ですが、Softbankとの契約期間や利用状況に応じて限度額は下がります。

上限額はSoftbankが決定しているため、自分で上限の増額はできません。

ちなみに、利用可能額は予告なく増減する場合があります。

携帯料金の滞納中は利用できない

携帯料金を滞納していると利用可能額が0円となり、ソフトバンクまとめて支払いの利用はできなくなります。

また、入金をして滞納を解消しても、翌請求月開始日より最大8日間の利用が制限されます。

限度額が下がる可能性も高いため、滞納には注意しましょう。

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は違法なのか?

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は違法なのか?

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は、現金化業者が商品を購入して売却することで、現金が手に入る仕組みです。

商品の購入はもちろん違法ではありませんし、その商品を売却することも違法ではありません。

仕組みが少し複雑なので「違法ではないか?」と不安に感じるかもしれませんが、取引内容を細かくみれば法律に違反はしていないと理解できるはずです。

実際に「フルコミット」は、これまでに法律に触れるようなトラブルは1件も起こっていません。

Softbankの利用規約に違反する恐れがある

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は法律違反ではありませんが、Softbankが独自に設定している利用規約の違反となる恐れがあります。

利用規約で禁止されている項目に「現金類に換金することを目的として商品等の購入にご利用可能額を利用していると当社が判断した場合」と記載があるためです。

この利用規約に反した場合、ソフトバンクまとめて支払いの利用停止や、すでに利用を受け付けられた分も取り消されることがあります。

ただし、現金化の専門業者である「フルコミット」であれば、情報漏洩を防止するシステムが整っているため、利用情報が外部に漏れることはありません。

利用情報がSoftbankに漏れないだけでなく、家族や会社にも伝わらないように、情報漏洩対策がしっかりしている業者に依頼すれば安心して現金化ができます。

ソフトバンクまとめて支払いの現金化で気になるポイント

ソフトバンクまとめて支払いの現金化で気になるポイント

ソフトバンクまとめて支払いを現金化する際に、利用者の方が疑問に思うポイントについて解説します。

  • iTunesカードやAmazonギフト券の購入・転売は可能?
  • 送金やコンビニから引き出すことはできるのか?
  • LINEMOやワイモバイルでも現金化はできる?

上記3点について詳しくご紹介していきますので、ご覧ください。

iTunesカードやAmazonギフト券の購入・転売は可能?

iTunesカードやAmazonギフト券の購入・転売はできる場所もなくはないのですが、利用回数や金額によっては現金化が疑われる取引として監視対象になる危険性があります。

ちなみにiTunesカードは公式では購入できません。

買えるとしたらキャリア決済に対応している金券ショップを探さなければなりません。

そして、どの程度の利用で監視対象となるのか判断は難しいため、最初から「フルコミット」などの専門業者を利用するといいでしょう。

送金やコンビニから引き出すことはできるのか?

ソフトバンクまとめて支払いはあくまで購入した商品を携帯料金と合わせて支払えるサービスなので、送金やコンビニでの引き出しはできません。

すぐに現金が必要で、ソフトバンクまとめて支払いの残高を引き出したい場合は「フルコミット」などの現金化専門業者を利用しましょう。

LINEMOやワイモバイルでも現金化はできる?

同じSoftbank系列の携帯キャリアでの現金化について解説します。

LINEMOはソフトバンクまとめて支払いが利用可能、ワイモバイルは「ワイモバイルまとめて支払い」というソフトバンクまとめて支払いとほぼ同じサービスの利用が可能です。

そのため、LINEMOもワイモバイルも、Softbank回線と同じ手順で現金化できます。

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は即日で完結する!

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は即日で完結する!

ソフトバンクまとめて支払いの現金化は、ソフトバンク系列の回線を契約している方なら誰でも利用できる便利なサービスです。

さらに、ソフトバンクまとめて支払いの残高は即日現金化を完了させられます。

支払いまでの猶予もあり、すぐにお金が必要な方には嬉しいサービスではないでしょうか。

ただし、ソフトバンクの規約違反となる可能性があるため、情報漏洩を防止するシステムが整った「フルコミット」などの業者に依頼することが大切です。

フルコミットは、平均20分での振込や来店不要でのお取引、家族にバレない取引システムなど、安心して現金化できる仕組みになっています。

初めて現金化をする方や、現在の現金化業者に不満がある方など、フルコミットにお気軽に問い合わせしてみましょう。

ソフトバンクまとめて支払い以外の後払いアプリ現金化

その他の現金化方法

こちらでは、ソフトバンクまとめて支払い以外の後払い現金化方法をご紹介します。

気になるサービス、利用してみようと思うアプリがあれば参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です